薬剤師にも公務員が存在する



薬剤師にも公務員が存在する

薬剤師にも実は公務員が存在し、公務員自体、様々な職種が存在しています。(調剤薬局の時給や年収についてはコチラを見て下さい。)

公務員には、そもそも国家公務員であるとか、地方公務員等があり、その中でも薬剤師は、上級公務員というものに該当します。 薬剤師として、この公務員を目指す場合は、遅行公務員上級試験を受ける事が必要となり、試験区分は『薬学』という事になります。

国家公務員というものは、俗にいう官僚等になるエリート公務員であり、国家T種と国家U種に分かれている事となります。 また地方公務員は、都道府県、政令指定都市、市町村などで採用される公務員となり、採用後は、各場所へ配属される事となりますから、無論、初めから、思い通りの職種につけるとは限りません。

薬剤師が公務員となり、配属される場合は、各都道府県の薬務課や国立病院での調剤業務という事もありますし、保健所による環境衛生監視員という仕事や、食品衛生監視員という職種もあります。 更に、行政の研究機関で研究や試験、検査を行う職種も存在し、治験等における支援業務という職種もあります。 更に、公務員薬剤師には、薬局や医薬品等の製造業者への立ち入り検査、指導等を行う職種もあるのです。

この中でも食品衛生監視員という仕事は、食品における市民の健康又は、安全を守るために業務を行い、輸入食品監視業務等を行っていますが、これには、全国主要の海及び空港における輸入食品の安全監視と指導を行います。 また、試験検査業務という業務も食品衛生監視員の仕事となり、この場合、輸入食品等に係る理化学的、微生物学的試験検査を行います。 更に、食品衛生監視員の仕事には、検疫衛生業務も存在し、全国主要の海及び空港における検疫感染症の国内への侵入等を防止します。

こうした、公務員薬剤師には、麻薬取締官という仕事も存在し、この場合における募集は、各自治体により異なり、毎年募集が出るという事もありません。 ちなみに、この麻薬取締官における収入はどのようなものか?というと、自治体により、この収入面、募集情報葉異なるものの、民間で働く薬剤師よりも安めの傾向となります。 ですが、公務員という事で、休日が取りやすいという部分は、この公務員薬剤師におけるメリット部分とも言えるかもしれません。

公務員のお給料とは、そもそも法律にも続き定められているものですから、給料面で考えると、公務員の薬剤師をして働くよりかは、薬剤師の資格を活かし、キャリアになるという道を選択するほうが賢い選択になり得るかもしれません。